個サルやフットサル合コン等を大阪で開催中の「サルスケ」では女子、初心者が主役! | 個サルで使えるテクニック(守備編)

個サル屋サルスケ
「サルスケ」は大阪を中心に個サル(個人参加型フットサル)やフットサル合コンを開催中。女子や初心者の方、チームでの参加も大歓迎!!

サルスケの個サルやフットサル合コン(サルコン)に参加される初心者の方でもフットサルのディフェンスの動き方を読んでおけば活躍間違い無し!!

フットサルはボールを奪うディフェンスから始まります。ディフェンスの基本的な動きはマスターしておくだけでかなり初心者との違いがでてきます。ディフェンスができないとチームに迷惑をかけてしまうこともすかもしれませんのでしっかりマスターしましょう。

マンマーク

マンマークは特定の相手に対してついていくことをいいます。ディフェンスの基本的な動作で誰でも簡単にできることですが実は奥が深くマークする相手との距離感やどこまでついていくのかの判断が必要となります。まずディフェンスが最優先にやるべきことは、マークしてる相手へのパスをインターセプトすることです。それが間に合わない時は相手がトラップしてボールと足が離れた瞬間を狙います。それが間に合わなければボールを持った相手に密着し振り向かせないようにします。振り向かれてしまった場合は相手にプレスをかけボールを無理に奪おうとせずにシュートを打たせないようにします。ということはまず狙うのはインターセプトです。そのためには相手と自分のマークにパスがきたらカットできるような近い距離感でマークする必要があります。また、マークしていた相手が自分のポジションから離れていった場合は、それでもついていくのか味方とマークを受け渡すのかをチームで声を掛けたり事前に、決めておく必要があります。

ワンサイドカット

ワンサイドカットとはディフェンスがドリブルしてくる相手の一方向だけをブロックすることをいいます。基本的には自分のゴールに近付かせないようにインコースを切るように半身の状態で相手に対応し相手を外側へ追い出していきます。前へ進まれても中へ入れさせなければ相手はシュートを打つことができないからです。ディフェンス2人で対応する歳は声を掛けながら一人が内側一人が縦を切ります。このように焦ってボールを奪いにいくのではなく相手を安全な外側の狭いところへ誘導し状況に応じて数人で囲んで奪うことが最もリスクの少ないディフェンスの対応です。

コースを切る

相手のシュートやパスを防ぐためにそのコースを切ることです。ただ、パスコースやシュートコースは無数にあるため全て切るのは難しいです。そのためその場で最も危険なコースがとこなのかを瞬時に判断する必要があります。どうしても切れない場合は、半分だけ切ったりすることで相手のシュートコースを限定しキーパーが止めやすくするなども行います。数人で声を掛けあい、連動しパスコースを切ることができれば、相手にバックパス以外の選択肢を無くすことで後ろに下げさせることもできます。こうして相手を前に進ませずミスをしたり相手のスペースが無くなってきたところで人数をかけ一気にボールを奪ってしまいましょう。

ドリブルへの対応

ドリブルしてくる相手がいてもすぐにボールを奪おうと足を足を出してはいけません。上に書いているワンサイドカットで危険なゴール側を切りながらついていきます。相手が突破を仕掛けてきた時はチャージで相手のバランスを崩しミスを誘います。この時膝を曲げて腰を落とし重心を低くすることによって自分より身体の大きな相手にも負けないチャージが可能です。相手とボールが離れた瞬間に相手とボールの間に自分の身体を入れて奪います。この時決して足だけをだしてボールを奪おうとしてはいけません。かえってかわされやすくなります。