個サルやフットサル合コン等を大阪で開催中の「サルスケ」では女子、初心者が主役! | フットサル合コン(サルコン)でモテる!!フットサルのドリブルテク

個サル屋サルスケ
「サルスケ」は大阪を中心に個サル(個人参加型フットサル)やフットサル合コンを開催中。女子や初心者の方、チームでの参加も大歓迎!!

フットサル合コン(サルコン)でモテる!!フットサルのドリブルテク

フットサルではスペースが小さい為サッカーのようにドリブルで突破しようとしてもコートからボールが出てしまったりすぐ後ろにいるディフェンスにボールを奪われてしまいます。フットサルはコートが狭い為ドリブルで奪われるとそのままカウンターを仕掛けられるリスクが高く、競技人数も少ないので奪われた後にフォローしてくれる味方がいるとも限りません。そのためフットサルでドリブルを仕掛ける時は敵味方の位置やスペースなど周囲の状況を把握し条件が揃った時に行う必要があります。そのためフットサルではドリブルは突破するよりもキープをして味方の上がりを待つことに使うのがメインとなります。その為には相手とボールとの間に体を入れ、相手から遠い方の足でドリブルすることが有効となります。またフットサルではコートが狭い為、蹴って走るようなドリブルをするとすぐにディフェンスに当たったりコートから出てしまうので足の裏でボールを転がしながらドリブルすることが有効です。

フットサルのシュートフェイント

シュートフェイントとはシュート打つふりをするフェイントです。

ダブルタッチ

右、左または左、右と左右の足の内側に交互に当てて、ボールを左右に揺さぶりかわすフェイントです。難易度が低くとっさの状況やプレスがかかりながらでも使いやすい使い勝手のいいフェイントでありながら効果の高いフェイントです。

シルクタッチ

上で紹介したダブルタッチのワンタッチ目を足裏で内側に転がす動作へ変えた技です。上に書いている通りフットサルのコートは狭くスペースが少ないため足の裏を使ってコントロールした方がドリブルしやすいので、フットサルでは、ダブルタッチより有効なフェイントです。

シザースフェイント

簡単で使い勝手がよくサッカー選手やフットサル選手もよく使うフェイントです。 ボールを内側から外側に向かってまたぐフェイントで、サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手などはこのシザースフェイントを左右交互に高速で繰り出しタメを作ったり抜いたりしています。他のフェイントとも組み合わせて使いやすいのでまずは習得しておきたいフェイントです。

ヒールリフト

ボールを両足で挟んで持ち上げ、浮かせながら相手の頭上を抜いていくテクニックです。フットサルボールは弾みにくいのでこのようにボールを浮かせて抜いても次のプレーへの支障がでにくく、足元を気にしているところへいきなり浮き玉がくるとディフェンスも対応できないことも多く非常に有効です。ただしディフェンダーに読まれてしまうと体を入れられすぐに奪われてしまうのでできるだけ小さなモーションで行い相手の不意を突くことがポイントです。ライン際などに追い詰められて足元にスペースが無い時などに空中を抜くことが非常に有効になります。

ループシャペウ

ヒールリフトと同じくボールを浮かせて相手の頭上や肩を抜くフェイントです。ヒールリフトと違うのはボールの浮かし方でルーペシャドウは単純につま先を使って浮かせます。相手ディフェンスが足を出すタイミングでボールを引いて浮かせると有効的です!!

マルセイユルーレット

元フランス代表のジネディーヌ・ジダンが得意とし試合中に何度も使っていたことが印象的なフェイントです。まずは片方の足の裏でボールを止める、場合によっては引きながら、身体を右足で止めた場合は左回転、左足で止めた場合は右回転方向に半回転し、相手ディフェンスに背中を向ける形になります。そこからさらに半回転し前を向きながら止めた方とは逆足の足の裏でボールを引きます。相手ディフェンスに身体を入れながら交わすので相手はなかなかボールに触れることができません。またディフェンスに囲まれ気味な時やルーズボールになりかけたボールを自分の足元に引き寄せながら行うのも効果的です。

オセロターン

オセロターンは、背中に相手を背負った状態でボールをキープしている時に振り返って前へ突破したい時に有効なフェイントです。舐めるように片方の足の裏で内側方向へボールを転がします。転がし終わりボールが足のアウトサイドへ触れる瞬間にアウトサイドで外へ押し出しターンしながら相手を置き去りにします。最初に足の内側へボールを転がしている時に相手の注意をできるだけそちらへ引き付けることがポイントとなります。その為目線や、相手が警戒するコートのインコースに向かってボールを転がすなどの工夫をして相手を引きつけてから逆をつきましょう。

オコチャダンス

サッカーナイジェリア代表だったオコチャ選手が得意としていたフェイントで、彼の名前を、とってオコチャダンスと呼ばれるようになりました。片足でボールを内側方向へ転がし、逆側の足で内側にまたぎます。ボールを足裏で転がしながドリブルしてる間にこのフェイントを入れたり、シザースと合わせてみたり、色々と応用の利くフェイントです。またぐ前にまたぐ方向をチラッと見たりすることで更にフェイントの効果が上がります。

ファルカンフェイント

フットサルブラジル代表のファルカンが得意としていたフェイントで彼の名前から取ってこう呼ばれているフェイントです。片方の足でボールを逆足の方向へ転がします。最初に転がした足と逆の足で外から内側へボールをまたぎ、またぎ終わった足でそのままボールを足の裏で手前に引き寄せ、引き寄せたボールを逆側に押し出します。ボールを転がしまたいだあたりで相手を引きつけてて、ボールを手前に引くと有効です。足動作が早く見た目も派手に見えるのでテクニックを魅せることもできるフェイントです。フットサル合コン(サルコン)で使えばかっこいいところをみせられるかも!?

シュートフェイント

シュートフェイントとは、シュート打つふりをして相手をかわすフェイントです。ゴール前などでは特に有効でキーパーをかわす際にもよく使われます。シュートフェイントからのパスやドリブルなど使い勝手がよく何度かミドルシュート打つ場面を相手に見せておくとミドルレンジでも効果的なフェイントです。このフェイントはゴール前などのここぞというときほど相手は引っかかりやすくなり威力を発揮します。

エラシコ

ロナウジーニョがよく使っていたことが印象的なフェイントです。片足でダブルのようなことをするフェイントで足首や膝の柔らかさが必要なり難易度の高いフェイントです。片足でアウトサイドでボールを蹴りそのまま足首を返してインサイドで切り返すフェイントです。決まれば初見で相手によまれることはめったにありませんが自由に使いこなせるようになるのは非常に難しいフェイントです。